UVが原因となる陽焼けが起きるメカニズム

長い期間、UVを浴びると日焼けする事は、沢山の人が知ってますね。日焼けする要因になるUVは、いったいどういう物でしょう。

UVとは、太陽の光のひとつであり、性質をA波、B波紫外線、C波と3つに分けることが可能なのです。硝子のような光を通す物体では、UVA波自体を遮断する事は出来なくて、肌へ達します。硝子ごしに太陽光線を受けていた際や、自動車の運転をしてるときにも、UVA波というものは届くので陽焼けしちゃうのです。

一方、UVB波については雲でさえぎられるので、くもりの日は、雨の日は減衰します。天候で照射している量が変わっている紫外線光の量というのは、此の太陽光B波なんです。

UVC波が日焼けすることに関わりはないんです。何故かというと、太陽光C波は雲を通過しないからなんです。

a波というのは、ガラスを通る事が可能な為、皮膚の奥にある真皮層に通るのですが、有害度合でいえばB波ほどではないといわれているのです。

皮膚の日焼けしちゃう事を考えると、室内でUVを受けてしまう為、常に対処法を実行する必要のあるUVなのです。肌色が小麦色になってしまう事が、陽焼けの働きではじゃ無いんです。シミやくすみが多くなるし、肌のたるみや肌老化要因にもなってしまうものなのです。

UVで日焼けをするというのは、お肌をガードする為にメラニンの色素を増加する、いうなれば防衛策です。こんがり焼けた皮膚は健康的なイメージを相手に与えるのですが、スキンケアという点で見ると肌にとってはいいことではない訳ですから、日焼けの対策が大切なんです。

Related posts