しわやたるみの加齢以外の原因と対策

お肌のしわやしみを気にしていても、不規則な生活や手抜きのスキンケアなど、まだ若いからと楽観している人は多いかもしれません。

肌のエイジングケアは何か起きてしまってから始めるよりも、まだ何も起きていない若いうちから始めることが本当に効果的なしみ・たるみ対策になります。

お気づきかもしれませんが、肌の老化は加齢以外にもいくつも原因はあるのです。

例えば、ストレス、紫外線、保湿不足、誤ったスキンケアなどが代表的な原因を作るものです。

年を取ることは誰にも止められないです。しかし若々しい肌のためのスキンケアを継続して美しい肌を維持することは誰にでも可能です。

もし既にしわやたるみができている場合は、それがどんな原因でできたものなのかが判れば対応していくことが可能です。

目の周りや口元にできた小じわだとか、笑いじわなど表情によって癖づいたしわだとか、皮膚の水分不足と重力が原因になったお肌のたるみの対策には違いがあります。

細かな小じわには保湿ケアがポイントです。

笑いじわなどの表情じわは、目尻など出来やすい部分のケアを丁寧にすること。

お肌の保湿を司っているヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどは加齢によって減少しますが、それだけでなく紫外線やストレスが原因で減少することがわかっています。

しかしそれらを維持するための効果を考えた基礎化粧品を上手に使い、毎日ケアを継続することでカバーすることができます。

お肌のたるみは顔の表情筋を動かさない生活習慣が原因になっていることがあります。

そんな場合にはお顔にある表情筋のトレーニングでハリを取り戻すことができる場合があります。

若い頃からお肌を大切にしなかったツケで、しわやたるみができてしまったら、それを元に戻すのは至難の業。

角質層の再生は難しいものだからです。

睡眠不足や栄養バランスを無視した食事、紫外線の予防もアフターケアもしていない場合、角質層がダメージを受け、お肌が垂れてしまいやすくなります。

こういったことを理解して、紫外線対策や保湿ケア、よく顔の筋肉を動かす表情豊かな生活、ストレスをうまく解消することが、いつまでも若々しいお肌を保持するためには大切です。

参考サイト〜目の下のたるみを解消してマイナス10歳若く魅せる方法

Related posts